Home > 私の人生 > 人生録 S42.4

人生録 S42.4

2011年12月31日

愛知県の業務用厨房機器(現ホシザキ電機㈱)に入社。

機械課型治工係に配属になった。

現場で見る機械は始めてのものばかりで、私は仕事を覚える為、機械製工の通信教育を受けると共に、頑張って夜間学校にも通った。

勉強の成果は少しずつ出てきた。

現場作業から現場設計(金型設計)に配属され、その後、製造部長(現社長)から直々に製品設計の命令を頂いた。

任された製品設計は試作製品の完成まで一人でやることになっていた。

徹夜残業はもとより休日の出勤と大忙しの日々だった。

そして、試作品の完成。

色々な方々から知識を学び、独学で勉強し完成した設計図面や試作品をみて、昔の自分からは想像もつかないできだった。(実用新案特許取得。)

私は自分の本当の力を故郷の島根で試してみたかった。

そして成功したら、学校時代に困った時助けていただいた方々や豪雨被害にあった時お世話になった方々にお返しをしようと思った。

そして、「島根に帰って事業をやろう。」と決意した。

製造部長(現社長)をはじめお世話になった方々には申し訳なかったが、私の意志は固かった。

島根に帰ってからは飲食店をやろうと決め、まず大阪の飲食店で見習いに入ることにした。

このページの先頭へ