Home > 私の人生 > 人生録 H7.10.9

人生録 H7.10.9

2011年12月31日

母は夏過ぎから体調を崩し老人ホームから病院に移った。

病名は胆ガン。

母の容態は徐々に悪くなっていった。

その日は、姉兄とその家族とで見舞いにいく予定にしていた。

私は仕事の都合で遅くなり、病室前で「お母さんの容態は少しよくなったので皆さんちょっと帰って来る。」との伝言を看護師から聞いた。

私は独り病室に入った。

母と2人になったのは何年ぶりだろうか。

母の目があいていたら顔をジーとは見ていられなかっただろう。

母の口元は私に何か言いたいような感じだった。

私も言いたいことがたくさんあった。が、取り付けてあった計器の数値が異常を示し、看護師が病室へ入ってきた。

看護師が慌てて医者をよんだ。

医師から身内を早く呼ぶように荒い口調で言われた。

姉兄へ連絡したが、つながらなかった。

母は私の目の前で生死をさ迷っていた。

私が病院に到着して、1時間もたっていなかった。

先生と看護師の「ご愁傷様でした。」の言葉。

私は知らない間に母の手を握っていた。

冷たいはずの母の手は私の汗と涙で温かく感じられた。

先生と看護師が病室を去ったあと、私は母とまた2人きりになった。

私は母の手を握り続けていた。

義援金で買ってくれた軍手、あの時私が温かく感じた軍手の様に感じて欲しいと願った。

このページの先頭へ